うどん県 松下製麺所とちくせい

お店紹介

高松出張もそろそろ終わりが近づいてきた。香川の有名どころはだいたい回った気がするけど、寛永通宝はまだ見てなかったので今回は観音寺市まで足を伸ばしてみることに!

香川の旅はうどんから始まる

香川県といえば讃岐うどんです。高松市内の美味しいうどん屋さんは多くありますが、個人的に美味しいと思ったお店を2軒巡ぐってから旅のスタートです。

松下うどん

最初の一軒目は栗林公園に近いところにある松下うどん。最寄りはJR栗林公園北口駅で立地の関係か?あまり混んでない印象(回転が速いってのもある)。孤独のグルメの年末ドラマにも登場したことがある有名どころ。

いわゆる製麺所でセルフタイプのうどん屋さん。中華そばや季節によってはお蕎麦もあります。また、中華そばとうどんのあいがけとかもできたりします。

店内は立ち食いとカウンター席がいくつかあります。お店のおばちゃんに何玉かを注文するときに合わせていなり寿司や天ぷらなども一緒にお金を払います。(先払い制)

セルフなのでうどんは自分で湯通しして出汁を入れ、天かすやネギ、生姜などをお好みでトッピングして完成!

うどんはコシがありますがちょうどいい固さです。出汁はいりこだしですがちょっと濃い目な気がします。コロッケに出汁を吸わせて食べると絶品ですぜ。

ちなみに中華そばもうどんと同じ出汁ですが、コショウを入れるとあら不思議!ラーメンっぽい味に変わります。

ちくせい

2軒目は松下うどんから徒歩10分くらいのところにあるちくせいさん。

こちらも有名店ですね。県外からのお客さんはこちらの方が多い気がします。また、揚げたての天ぷらが食べれる事でも有名。

入ったら最初に天ぷらを頼むか聞かれます。ちくわと半熟卵天が揚げたてが提供されてます。また数量限定でゲソ天がありますが、開店同時に行かないとありつけないSレア天ぷらなのであったら是非注文することをお薦めします。

香川のうどん屋さんはだいたい小(1玉)、中(1.5玉or2玉)、大(3玉)なのですが、ちくせいでは女性や子供に嬉しい半玉ってのも選べます。

セルフなので同じく自分で湯通しして出汁を入れます。こちらは天かすやネギ以外にも梅干しやわかめなどぶっかけうどんのトッピングも置いてありました。

うどんのコシは
バカ一>松下うどん>ちくせい

って感じです。

出汁はいりこだし、濃すぎず薄すぎずちょうどいい感じでした!

今回はゲソ天と玉子天、唐揚げを一緒に注文。

ゲソ天は大きく、味も絶品です。食べやすくカットできるように一人一つハサミが付いています。

半熟卵天も定番の美味さ。意外だったのが唐揚げで、うどん屋の唐揚げとは思えないジューシーさと味付けで、唐揚げだけ売ってほしいレベル。

まんのう公園編に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました