日本とミャンマーの名前と誕生日って全然違う【異文化コミュニケーション】

雑記

うちの会社には中国人の後輩やミャンマー人の後輩が多く在籍しており、自分のチームにも9人ほど在籍しています。(全社員の1割くらい?)

彼、彼女達と一緒に仕事をしていると、いろいろ新しい発見があったりします。

名前が難しい

ミャンマー人社員の名前は我々日本人からすると結構独特で、その一つが生まれた日によって名前につける文字が決まっているそうです。

一緒に仕事をしているウィンティーリーチョさんは、ウィン〜で始まるので水曜日生まれだそうです。

また、日本人と違って姓がなく名前しかないので、勝手に変なところで切って呼ぶと失礼に当たります。なので最初のコミュニケーションは本人に何て呼べばいい?って聞いてあげるとこからスタート。

ちなみ結婚しても女性は名前が変わらないそうな。

誕生日ってプレッシャーがかかる日だっけ

ある日会社にリクローおじさんのチーズケーキを大量(20個くらい)持ってきた子が居ました。

なにごと!?

今日で退職か!?とか

どこかで押し売りされたのか!?

一瞬ザワザワしましたが、周りに配り始めました。

聞くところによると今日が誕生日らしく、ミャンマーでは誕生日の人がもてなしたりプレゼントを送るのが一般的だそう。

国によって色々違うなーってな話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました